Translate

2019年3月15日

Fortnite Save the World -即時建築の適用-

パッチノートには記載がないものの先週のVer.8.01でStWにも即時建築がさらりと適用された。


<3/18>
以下の文を加筆しました。
・シェルター退避ミッションに救助できるサバイバーはいないが、ミッションをクリアすることで4人分の救助数が加算される。







◇即時建築


BRではだいぶ前に導入された即時建築だがStWでは長らく手付かずのままとなっており、それだけにこの変更は大きなもので建築が極めて快適になった。任意のタイミングで任意の場所に建築できる、それだけでプレイフィールはまったく異なるものになる。

また以前は急いで建築すると壁を建てようとしているのに選択ピースが床に固定されてしまい、別のボタンを押してリセットしないと壁が建てられないというバグもあったがそれもなくなった。現在はパッチノートに書かないのが本当にもったいないほどの快適さになっている。SSDの建築破壊は追記されたがこちらもそうするべきだ。

ただ即時建築と言っても厳密にはBRと同等のものではなく、ボタンを押してからほんの少しだけ間を置いてから(50msくらい?)建築される。StWにおいてこの調整は英断であり、そのおかげで建築プレビューを呼び出す猶予が生じ事前編集や回転も問題なくできる(これはマウスキーボードでプレイしている人にはなんのこっちゃだが、パッドのビルダープロでは重要な部分)。EUサーバーではかなり神経質になってボタンをちょい押ししないと建築されてしまうが、アジアサーバーなら違和感なくでき、即時建築の快適さと建築プレビューの便利さが上手く両立している。



ここで気になったのはBRのような建築がStWでもできるのかという点。実際に試してみたところ、いわゆるモングラール建築がこちらでも可能になったのを確認した。上記の僅かな遅延とBRよりも速い移動速度であるため同じ感覚ではできないもののStW用に練習すればそれなりの動きになる。床壁二重階段ならEUサーバーでも問題なくできるほどで即時建築の効果の大きさが覗える。

正直に言えばStWでモングラール建築など無用の長物。だが今までできなかったことができるようになった、もっと言えば同じゲームなのにモードが違うだけで操作性も変わってしまう(一方はただ不便なもの)、その問題点が改善されつつあるというところに着目するべきだ。





この頃StWは着実に環境が良くなっているというのを実感している。今回の即時建築だけでなく、ターボ建築、ビルダープロ、編集ボタン長押しの時間調整、感度の統一など、BRで洗練された操作性がこちらにも順次適用されてきた。それらに比べればアップデートに伴い追加されたバグは目の前に降ってきて邪魔ではあれど些細なことで、近く修正されるのが常だった(爆弾運搬は長かったが)。残るはカスタム。この実装を待つばかりだ。



◇8.1で気づいたこと



・ストームチェストの仕様変更
箱を開けたとき近くにいなかったプレイヤーでも終わり際に特定の範囲に入っていれば報酬を2つ貰えるっぽい?

・SSDで建築を即時破壊できるようになったが、ミッションを離脱すると建築の達人チャレンジは進行しない。
ミッション中はカウントされるため上のモングラール建築の動画を撮るにあたり練習で3000枚ほど建築しこれが保存されたらとワクワクしながらロビーに戻ったところリセットされた。そのままSSDをクリアすれば保存されるかも。



◇8.1以前の仕様のはずだが最近個人的に気づいたこと



・建築の達人チャレンジは同じマッチ内での他のプレイヤーの建築もカウントされる。
トロフィー関連がチャレンジ扱いになったことによりピンを刺し、ミッション中にリアルタイムで確認できるようになったため分かった。
この共有はサバイバー救助や破壊ミッション、イベント進行アイテムも同様にカウントされる。

・メディキットおじは誰かがメディキットを見つければ他の誰でも話しかけて救出できる。
これまでソロばかりやっていたから気づかなかったがそういう仕様らしい。

・アンテナ起動後にリレーサバイバーが現れず報酬だけ残るパターンがあるが、この場合は救助としてカウントされない。
なんらかの原因でサバイバーが消失してしまうバグの救済として報酬が出るものと思われるが、報酬よりも救助カウントのほうが大事。

・階段の横に面した壁に張ったトラップがいつからか発動しなくなった。
以前であれば階段を上るハスクを横の壁のダイナモやウォールライトが感知し発動していた。例えばアトラスの防衛でよく使われるピラミッドの坂や角に対して、ケーキに刃を入れるように壁を建てて壁トラップを仕掛けるのが有効だったがそれができなくなった。

・チャットの定型文は相手側の言語に変換されていない。
ラブストームイベントが終わったので言語を英語にしたとき、チャット欄に「準備OK?」と他のプレイヤーが打ったのが表示されたことで分かった(EUサーバーだったけど)。
日本語のときでも「Ready?」が散見されるのは英語の定型文に変換されてるからというわけではなかった。

・フィードバックで再び日本語が打てるようになった。
これは8.0から。

<3/18追記>
・シェルター退避ミッションに救助できるサバイバーはいないが、ミッションをクリアすることで4人分の救助数が加算される。



◇終わりに


珍しく既知の問題を公式サイトに載せている。Trelloにはない情報ばかりなのでこちらも見る価値がある。特に悩まされていたミッション中のBGMが鳴らない問題が認識されているようでとりあえず安心。Redditのバグ報告サブミに投稿した甲斐があったというもので、今は8.2で修正されるのを心待ちにしながらプレイ中。


0 件のコメント:

コメントを投稿